50代の転職での市場価値|後進の育成がカギだ!

社長 後継者 募集 研究家
社長 後継者 募集 研究家

最近では、50代以降の人材についてまだまだ働き盛りと捉える企業が増えていることをご存知でしょうか?

 

企業では50代以降の転職をマネージメント層の育成や若手経営者の欠点をサポートする大切な人材ととらえています。そこに市場価値があるのです。

一昔前までは、60歳で定年を迎えるのが、一般的でしたが、 近年は年金などの問題、人材不足などが原因でそうではなくなりつつあります。

 

定年の延長や、定年後の再就職を希望する人はもちろん、ベテラン社員の活躍を期待する企業も増えています。 そのため、経験豊富でまだまだ働き盛りの人たちに入社してほしいと考える企業は決して少なくありません。そうです。50代でもまだまだ転職で市場価値があるのです。

 

社長後継者募集
▼「転機」公式サイト▼


普通の転職活動では、なかなか上手く行かないとお嘆きの50代の中高年のあなた。
「社長の後継者」になれるチャンスです!新たな気持ちで転職に募集しましょう!
登録・サポートは完全に無料です。

 

50代の転職:新たな転職先の登場

「新しい会社」の画像検索結果

 

社長 後継者 募集 研究家
社長 後継者 募集 研究家

特に、比較的新しい企業(スタートアップ、ユニコーン企業など)などは、経営幹部が皆若いですね。

それらの会社はベテランの人材に対し、

  • 若年層を次世代のマネージャーとして育成してほしい
  • リスクマネージメントのノウハウや対外折衝のスキルを伝承してほしい

と言った希望を抱いています。

実際に、30代の社長が50代以降の転職者を「コンプライアンス室長」、「内部監査室長」、「監査役」、「社外取締役」などのポジションで迎えた例がたくさんあります。

50代の転職

また、このサイトでも紹介しているように、中小企業を中心に社長の後継者や経営者として迎え入れたい会社もとても増えています。

 

ただし50代の転職の難易度は高いことには変わりはありません。しかし、単純に自分は 50代だから転職は難しいと諦めず粘り強くチャンスを探ってください。今後どんどん50代の市場価値は増していくはずです。

 

😃50代以降の転職を成功に導くポイント12

①世の中のニーズに敏感である②自主性主体性で行動できる

③新しい価値を生むチームプレイができる

④肩書の有無は関係なくマネージメント力を身につけている

⑤何かを改善改革した経験がある

⑥誰にも負けない得意分野を持っている

⑦リスクを予測することができる

⑧社内外に人脈を築いている

➈多角的な視点で判断行動ができる

➉新しい情報をキャッチアップする力がある

⑪変化を楽しみに対応することができる

⑫経営目線経営者感覚を持っている

👤 採用担当者の本音

豊富な経験、柔軟性で鬼に金棒 年齢が高くても新しい新たなことにチャレンジしたい。さらに自分を成長させたいという意識を持っている方は柔軟な姿勢で努力できると期待できるし、一緒に働きたいと思いますね。